« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

第9回社長杯争奪戦社内ソフトボール大会

2017年7月 7日 (金)

======================================================================
こんにちは!NDC野球部のIです。
今年もソフトボール大会に約100名の方にご参加いただき誠にありがとうございました!
無事に終えることができたのも皆様のおかげです。
今回は6月17日(土)明石公園球技場で行なわれた大会の様子を
自称、出塁率高めのHさんと一緒に振り返りたいと思います。
======================================================================

<H>今年も始まったな。
  Nさんが監督になってから、一切、雨を気にすることのない晴れた空。
  なんてやりやすい、なんて気持ちの良いソフトボール日和なんだろう!

<I>梅雨シーズンにも関わらず流石ですね。
  そういえば今年は"初めての試み"をしたんですよね?

<H>そう、なんと・・・今年は、チームをクジ引きで決めたんや!!
<I>へえ〜。それはドキドキしましたねえ。
<H>全然ドキドキしてへんやないか!
<I>で、どうなったんですか?
<H>こうなったんや!

[A] I社長チーム
[B] T部長チーム
[C] M本部長チーム
[D] F常務チーム
[E] Y本部長チーム
[F] F支社長チーム

<I>
球場は2面。A、B 2つのブロックでリーグ戦です!
Aブロック [A]vs[B]vs[C]
Bブロック [D]vs[E]vs[F]

Dsc_0054

<H>
俺の活躍、見とけよ!
<I>
活躍してくださいよ!
それでは、プレイボール!

■[Aブロック] 輝け!なでしこ軍団
<H>
決勝進出を懸けたAブロックは、
互いに経験者多数で結成された[A]チーム対[C]チームの決勝戦となりました。
乱打戦が予想されましたが、[C]チーム3名の女性が大活躍!
S野さん、O野さんのピッチングと、N村さんの好守で凡打の山を築き、
[C]チームが見事勝利!
試合後は監督のM本部長も「こんな上手いなんて聞いてへんぞー!?」とご満悦でした^^

■[Bブロック] お見事三振!ダブルプレー!
<I>
ゴジラ(Dチーム所属)生息地帯のBブロックは、ホームラン連発の一方的な展開が予想されました。
ところが!3つのチームで最も優れたのは、ゴジラを手玉に取った[F]チームでした。

ツーアウトランナー満塁、打てば大逆転の場面でバッターはゴジラ。
ここでピッチャーのKさんはゴジラを空振りの三振に仕留めました!
ゴジラ討伐後も、あわやサヨナラ負けのピンチを招いた[F]ですが、
セカンドに移動したKさんがランナータッチのダブルプレーにしとめてゲームセット。
Fチームを勝利に導きました。

<H>なかなか面白い試合やったな!
<I>そちらも中々!なでしこが居たとは。Hさんの出る幕無しですね!
<H>うるさい!出塁率7割やぞ!
<I>それでも勝てないなんて・・・"無念"ですね。

■[決勝戦] 逃げて、追いついて、逃げて、追いついて。

<H>いったいどっちが勝つんやろ。俺のチームはもう負けたわ・・・。
<I>僕の[F]チームでも見ていてください。
<H>お前、決勝いってたんか。

決勝は、M本本部長率いる[C] vs F金支社長率いる[F]の対戦です。
ベンチから勝利への執念が漂うほど、激しい監督同士の睨み合い。
過去の因縁でしょうか!? 開始早々、[C]が先攻。野球部となでしこ打線が爆発して5点先制。
野球部も未経験者も含め、とにかく打球が強い印象。エラーをしそうにない堅い守備です。
ところが[F]がすかさず野球部でないメンバーの猛反撃で5対5の同点に!

<H>野球部はそんなに活躍してなかった印象や。
<I>そうですね。。。
<H>俺が出たほうが良かったんちゃうか?
<I>出たら良いところでアウトじゃないでしょうか?
<H>盛り上がりはするけどな。
<I>自分で言っちゃいますか。

同点に追いつかれるとすぐ、[C]の強攻。
[F]のエラーなどもあり4点加えました。

<I>正直かなり苦しい展開でしたね。守りの堅い[C]からさらに4点取るなんて。
<H>そやな、誰かさんがエラーするから。
<I>誰のことですかね・・・?
<H>けどがんばったやん!

そう、またまた野球部ではないメンバーによる連打、連打、連打でなんと9対9の同点に!
取っては取り返す凄い展開に。まさかここまで接戦になるとは思いませんでしたね。
ところが!勝負は呆気なく・・・。
最終回[C]の攻撃。
この試合で出塁率100%の少年Tは、天性のバッティングセンスと赤星のような俊足で出塁。
続くなでしこが打つと守備のエラーでランナー1.2塁。

会場はサヨナラの雰囲気に。

そして次のバッターがゴロを打ちました。
守備、取って、投げる。
「あ〜っと!悪送球でランナーホームイン!サヨナラーー」
唖然とする野手、ホームベースに帰ってくる少年T。
「聞いてへんぞ〜!」と喜ぶM本部長と仲間たち。
こうして、予想だにしない一瞬のプレーによって決戦の幕は閉じられました。

Dsc_0137

■最後に
<H>惜しかったな!
<I>そうですね・・・、あそこで僕が打っていれば・・・。あそこで守っていれば・・・。
<H>本間やな。野球には「たら」「れば」が付きものや。
    それを超えたチームだけが勝利の美酒を味わうことができるんや!
<I>初戦から負け続けたのによく偉そうに言えますね。
<H>今年はエラーせんかったわ。
<I>あ、だから負けたんじゃないですかね?二軍ぐらいが丁度良かったりして?
<H>やかましいわ!
<I>ということで、今年もソフトボール大会を開催させていただきありがとうございました!
  また!来年も多数のご参加をお待ちしております!
<H>来年も俺は一軍じゃ〜!

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »