« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

名古屋大学様より感謝状をいただきました

2020年9月16日 (水)

こんにちは。経営企画部のMです。

 

この度、弊社は名古屋大学基金(https://kikin.nagoya-u.ac.jp/)を通して、
名古屋大学医学部附属病院様へ100万円の寄付をいたしました。  

名古屋大学医学部附属病院様は2019年よりご縁をいただき、
現在、医療事務関連業務・医療周辺サポート業務等に弊社のスタッフが200名ほど
携わらせていただいております。

地域の中核病院、また高度先進医療を担う大学病院として、
日々多くの患者様がご来院される名古屋大学附属病院様のさらなるご発展に、
今回の寄付が少しでも貢献出来ましたら幸甚に存じます。

2020年「ハタラクエール」の「福利厚生推進法人」として認証いただきました

2020年9月 9日 (水)

こんにちは!経営企画部のMです。
少し前の耐え難い暑さは去りましたが、まだまだ蒸し暑い日が続きますね。
本日は日本データーにとりまして、うれしいニュースをお伝えいたします。

 

この度、日本データーは、福利厚生表彰・認証制度実行委員会より「福利厚生推進法人」として認証され、
「ハタラクエール」を受賞いたしました。弊社はその40社のうちの1社として、「旬刊福利厚生」に紹介されることとなりました。

皆さまは、お仕事を探されるときにはどのようなことに注目されますでしょうか。
具体的なお仕事内容・お給料・勤務時間・勤務場所などなど・・・たくさんあるかと思います。
近年は、就活学生・転職者にも福利厚生が注目される傾向にあるようですが、私たち日本データーは
福利厚生の充実が、従業員の皆さんの安心感や労働意欲や能率の向上へつながると考えております。

弊社では、以前より従業員一人ひとりが笑顔でいきいきと働けることを目指し、
ライフステージに合わせて選択できる勤務体系や多種多様な制度を整備してまいりました。
これらの取り組みが評価され、これまでにも子育て支援企業の証である「くるみんマーク」、
仕事と介護の両立支援企業の証である「トモニンマーク」(ともに厚生労働省主催)を付与いただきました。
この度、新たに福利厚生の充実に力を入れる企業として「ハタラクエール」を受賞し、
今後もさらなる「働きやすい職場づくり」「働きたくなる環境づくり」に取り組んでまいります。

 

※日本データーのお仕事にご興味をお持ちいただきましたら、どうぞ以下をご覧ください。

Photo_20200909164001
https://ssl.nihon-data.jp/recruit/

 

withコロナを全社一丸になって乗り切ろう!②

2020年9月 3日 (木)

こんにちは。経営企画部広報のMです。

 

5月29日に【withコロナを全社一丸になって乗り切ろう!】というタイトルで
Blogに記事を掲載させていただいておりました。今回はその第2弾となります。  

5月25日、全国で緊急事態宣言が解除され、日常が戻りつつあったのも束の間、7月に入り再び感染者が
増えはじめ、7月末から8月にかけて第1波時の感染者数をはるかに超える感染拡大が見られました。

このような状況下で、日本データーでは8月31日で第53期が終了し、9月1日から第54期が始まりましたが、
「皆と力を合わせ、この難局を乗り越えていきたい」、「IT、医療、福祉それぞれの業界で社会インフラを担う従業員の生活と健康を守るため、少しでも後押しをしたい」
という池社長の思いのもと、8月31日にお手紙とともにコロナ対策支援が実施されました。

様々な支援の一つが、除菌ジェル、アルコールスプレー、マスクスプレーや洗えるマスクなどの感染予防グッズを、JIBのバッグに入れてのお届けとなりましたので、ご紹介させていただきます。

Outlookxzpeodxz

皆さんJIBのバッグはご存知でしょうか。
JIBは兵庫県西宮市発祥のバッグで、生地には本物のヨットセイル(帆)が使用されております。
非常に丈夫で、経年変化を愉しみながら長く使用できるこの素材は本来バッグに使うための生地ではありませんが、「風を利用する」という特殊な役目の生地から一つ一つ手作業によって生み出された品物です。

コロナウイルスの流行という逆風も、新たな機動力へと変換することができますように。
セイルクロスのように強固で長く、人々の生活を守る、力のあるチームになりますように。

という思いを込めて社名をプリントした上で、今回のコロナ支援グッズに採用されました。
また、7月にレジ袋が有料化されたこともあり、従業員の方の日常の様々な場面で活躍するのではないかと思っております。

 

まだまだ油断が許されないご時世ではありますが、感染予防対策を怠らず、第54期も仲間と共に乗り越え、
より強い日本データーとなっていけますように頑張ってまいります!

« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »