« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年春、日本データーのマークが新しくなります

2022年3月28日 (月)

こんにちは。経営企画部のMです。

我が家の近くに「桜楽坂(さくらざか)」というとても素敵な名前の通りがあるのですが、この通りの桜が今まさに満開です!

桜の季節である春は、変化の季節でもありますね。
皆様の周囲ではこの春、なにか変化はありますでしょうか。

この春は弊社にとりまして、とても大きな変化が待っています。

 

日本データーのブランドマークが、4月1日に新しくなります!

 

ブランドマークの刷新はCIプロジェクトの一環として行われました。
皆様、「CI」とは何かご存知でしょうか。


CI-コーポレート・アイデンティティは、企業文化を構築し特性や独自性を統一されたイメージやデザイン、またわかりやすいメッセージで発信し社会と共有することで存在価値を高めていく企業戦略の一つ。(出典:Wikipedia)

 

ブランドマーク作成の過程では

「日本データーらしさ」
「日本データーが大事にしているもの」
「これからどうありたいか」


を掘り下げ、言語化し、ブランドマークに集約させました。

01_a400

社名である日本ビジネスデータープロセシングセンター(略称:日本データー)の頭文字「N」をモチーフとしています。
人と人が織りなす力、テクノロジーとホスピタリティーが織りなす高品質なサービスなどを表しています。

また、ブランドマーク作成の過程で、ブランドスローガンも誕生しました。

Photo_20220328151601

日本データーにはこれまでも「人材は人財」とし、人を大切にする温かい社風が根付いていました。この社風はこれからも変わらず、社員一人ひとりの成長や挑戦を支援します。その先にこそ、お客様の期待を超える+αのサービス提供することができ、お客様から信頼いただけると信じているからです。

 

日本データーは新しいブランドマーク・スローガンとともに、これまで培ってきたものを大切にしながら、さらなる飛躍を目指してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします

 

ブランドステートメントページはこちら

 

***********

 

目の前にいらっしゃる方を笑顔にしたい、喜ばれたい、社会に貢献したい、今より少しでも成長したい。
――そういった思いをお持ちの方はぜひ、弊社へご応募ください。

 

ともにお客様のために、社会のために、切磋琢磨していきませんか。

 

◆日本データーお問い合わせ窓口
TEL:0120-05-0871
WEB
https://ssl.nihon-data.jp/contact/recruit/

 

◆採用情報ページはこちら https://ssl.nihon-data.jp/recruit/

300

 

新卒採用実施中!

エントリー・予約はこちらから 
こちらからまずはエントリーください

Banner_logo_195_60

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp205432/outline.html

 

YouTube ともットチャンネルのご紹介 Vol.9

2022年3月23日 (水)

こんにちは。AIロボティクス推進室 Aです!

Tomot_9

当室はAI/ロボットを駆使し、様々な課題の解決に向けてまったく新しいサービスを世に送り出すことを使命とし、「世界初」に積極的に挑戦しています。

今月も、AIロボティクス推進室の新ブランド「TOMOT®」(ともット)のプロモーション動画をご紹介いたします。

「TOMOT®」のネーミングの語源は、「友達ロボット」。
猫のマークには、人類最大の友達という意味が込められています。

動画をご覧いただき、皆様にも「TOMOT®」に親しみを持っていただければ幸いです。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

YouTube ともットチャンネルのご紹介 Vol.9

Qr_000870

今月の配信コンテンツは「TOMOT-Aro1 Demo ~みんなでラジオ体操~♫」です。
一緒にラジオ体操をして、コロナに負けない健康な身体を目指しましょう♪
・・・ぜひ見てくださいね♡!

https://www.youtube.com/watch?v=41Yd3svmtMs

※目指せ、1,000人!
「チャンネル登録」もよろしくお願いいたします。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

◎先月の動画紹介はこちら
◎TOMOTプロモーションサイトはこちら
◎当社コーポレートサイト AI・ロボティクス・IoT 事業ページはこちら

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »